大阪不動産高価買取査定×売却センターは大阪府,大阪市の不動産高価買取実施中です。

HOME » 不動産の売却 » 不動産買取の流れ

不動産買取りの流れについて

不動産買取りの流れについてご説明します。不動産の買取は、一般的に下記のような流れで行います。

売却相談と事前準備から残金決済まで、不動産特急買取で最短3日、不動産通常買取でかかる期間は1週間~1ヶ月程度がほとんどです。
一方で、仲介で不動産を売却する場合は半年~1年程度要することが通常ですので直接買取りは仲介での売却と比べると短期間で不動産買取りを行っています。
短期間での不動産買取をご希望の方は、当社にご相談下さい。

  1. 売却相談と事前準備
  2. 不動産について、不安なこと、ご希望、条件等、何でもお気軽にご相談下さい。あわせて、不動産の買取査定前に事前準備を行います。
    まず、不動産買取査定前に、査定を正確に知るための必要書類の準備を行いましょう。

    <不動産買取査定に必要な書類>
    ・固定資産評価証明書
    ・登記済権利証或いは登記識別情報
    ・建物図面
    ・地積測量図
    ・購入時の販売資料のパンフレット等

    これらは必ずしも必須ではありませんが、より正確に査定価格を知るためには準備をして頂きたい書類です。可能な限り取り揃える方がいいでしょう。

    上記と併せて、事前準備としては、不動産買取り査定金額の相場を知ることが重要です。複数の不動産会社に不動産買い取り査定を依頼し、買取り査定額の相場を調べます。少々手間や労力を要しますが、査定金額の相場を知り、しっかりと事前準備を行いましょう。
    買取査定額だけ高い不動産業者には要注意です。

  3. 不動産の調査と買取査定
  4. 事前準備で不動産買取査定の相場を把握した上で、買取査定を不動産会社に依頼します。
    買取り査定には「簡易査定」と「訪問査定」がありますが、必ず訪問査定で買取査定を行ってください。
    簡易査定では、実態が把握できないため、正確な査定金額を算出することはできません。
    不動産の査定は実際の立地状況や現物を目で見ないことには正確な査定が難しいのです。

    訪問査定では、査定調査として、対象不動産の状況、周辺の類似物件、周辺環境を元に査定を行い、かつ、状況調査として、実際の敷地の間口や奥行き、前面道路の幅などを計測する等、売却後のトラブルを未然に防ぐ為、売却専門スタッフが当該不動産の状況を調査します。
    過去にリフォームなどされているかどうかもお聞きいたします。
    買取査定を依頼したからといって査定をした不動産会社に必ず買取を依頼しなければならない事は一切ないので2、3社に買取査定を依頼して、査定額や信頼できる会社かを十分に検討するのがいいでしょう。

  5. 調査結果と不動産買取価格の提示
  6. 上記と併せて「対象不動産の調査事項」、「周辺で契約となった成約事例」、「周辺の売出し中の物件」、「不動産市況」、「公的機関から発表されている不動産価」等を参考に、査定調査結果をお伝えし、併せて不動産買取価格の提示を行います。
    不動産の買取査定額と実際の売買価格は前後する可能性がありますので、査定金額は実際に取引される金額とは異なることを念頭に置いておいてください。

  7. お打ち合わせ
  8. 売買スケジュールや不動産引き渡し時期等の打ち合わせを行います。
    不動産直接買取りの場合は、売主様のご都合にあわせた売買スケジュールが立てやすいです。
    売却代金の決済時期や売買契約締結日、不動産引渡し日等も打ち合わせします。

  9. 売買契約書の締結
  10. 取り決めた不動産買取価格で、売主様との間で売買契約を締結します。
    売買契約書や契約約款などを読み上げますが、契約約款には日常では聞きなれない用語などが出てくる場合がありますので、その場合はいつでもストップして不明点・用語の説明等、どんな些細なことでもご質問・ご確認ください。

    売主様のご確認後に、署名・ご捺印いただき契約が終了します。
    その他、代金決済日までに公共料金の清算であったり引越しの手配等の手続きや、住宅ローン等抵当権がある不動産の場合は、抵当権抹消の手続きをしておきましょう。
    不動産買取での売却は仲介で不動産を売却する場合と比較して販売活動期間がないので不動産を資金化するまでの期間が最短3日で行うことができます。その場合の仲介手数料は必要ありません。

  11. 不動産の引渡しと残代金の支払い
  12. 打ち合わせで取り決めた決済の日時、場所において司法書士が必要書類を確認し、売買代金の残金の清算と鍵やその他関係書類を渡して、不動産買取りのお取引を終結させます。
    必要書類や引き渡し準備でわからないことや不安な点がある場合はいつでもご相談ください。
    また、お引渡し後も不動産のご質問・分からないことが出ればいつでもお気軽にご相談下さい。

    <必要書類>
    ・固定資産税の納付通知書
    ・印鑑証明書(3ヶ月以内)
    ・不動産の権利書(登記識別情報)
    ・身分証明書
    ・実印
    ・その他

東生不動産では、お引渡し後もお客様からのご不安点やご質問を受け付けていますのでいつでもお気軽にご相談ください。
どういった不動産にも、魅力とそうではない点があります。
当社では、売主様の大切な不動産の魅力をさらに伸ばすご提案をし、一方で魅力ではない点、例えば日当たりが悪い、学校まで遠い、駅から遠い、騒々しい場所にある、敷地が不整形地である等のいわゆる難点を魅力に変える提案力を用いて精一杯お客様の幸せのために尽力し、日々業務の研鑽に努めています。

【不動産の売却関連ページ】